CX-5はこれだけ安くなる!最新目標値引き額を公開中!

◆CX-5の値引きについて情報公開! (

CX-5はこれだけ安くなる!最新目標値引き額を公開中!

引用:wikipedia

 

マツダが販売しているクロスオーバーSUV「CX-5」

 

非常に人気の高い車種で、2012年の6月に販売を開始してからたったの9ヶ月で3年分の予想台数を販売しています。

 

今でもも毎月1500台前後のコンスタントな売り上げがあり、人気の高いSUVとして高い評価を得ています。

 

 

◆CX-5のグレードや装備は?

 

●グレード

 

(ディーゼル車)
・XD 2,835,000円

 

・XD PROACTIVE 2,937,600円

 

・XD LPackage 3,261,600円

 

(ガソリン車)
・20S 2,446,200円

 

・20S PROACTIVE 2,548,800円

 

・25S 2,673,000円

 

・25S PROACTIVE 2,775,600円

 

・25S LPackage 2,872,800円

 

●装備

 

・【XD】、【20S】、【25S】
自動ブレーキおよび誤発進抑制・前進時

 

・【XDーPROACTIVE】、【25SーPROACTIVE】。【20S-PROACTIVE】
ブラインドスポットモニタリング、自動ブレーキ、レーンキープアシストシステム、アダプティブLEDヘッドライト、誤発進抑制・前進時

 

・【XD LPackage】、【25S LPackage】
アダプティブLEDヘッドライト、自動ブレーキ、誤発進抑制・前進、後退時、ブラインドスポットモニタリング、レーダークルーズコントロール、スマートブレーキサポート、レーンキープアシストシステム、リアパーキングセンサー

 

 

◆「CX-5」の値引きについてはここちらをそうぞ!【現在】

 

目標値引き額としては、35万円となっています。

 

※オプションのついていない本体だけの額
※当サイトで独自に算出した額(ここでは決算期の割引は考慮していません)

 

2017年に入ると新たなモデルが販売になる予定があり、現行モデルは11月の生産が最後になります。
したがって、高値の値引きも可能なのではないでしょうか。

 

値引き額は新モデル発売前にしては低めで高くて35万円となっていますが、できるだけ割り引いてもらうために強気の交渉に出てみるのもよいでしょう。

 

コチラの金額は、オプションを除外した金額であるため、オプションがある場合はさらに高値の値引き率が得られるでしょう。

 

 

◆2016年8月にCX-5を値引き購入した方の例です

 

・岐阜県 男性38歳

 

本体価格【XD LPackage】→ 3,261,600円
オプション → 100,000円

 

本体値引き額 → 300,000円
オプションの値引き額 → なし
下取り額(BMW X1 年式:2010) → 520,000円

 

諸経費含めて合計額 → 2,681,150円

 

 

・大阪府 男性40歳

 

本体価格【XD LPackage】 → 3,261,600円
オプション → 190,000円

 

本体値引き額 → 350,000円
オプションの値引き額 → 50,000円
下取り額(ジューク 年式:2011) → 300,000円

 

諸経費含めて合計額 → 2,891,150円

 

 

CX-5で大幅な値引きに成功するためには、他社の車の見積もりを取り比較することが大事です。

 

ライバル車には、スバルが販売する「フォレスター」、トヨタが販売する「ハリアー」、日産が販売する「エクストレイル」があります。

 

他社の車の見積もりをできるだけ多く取ってもらい、CX-5の見積もりと比較検討することで、値引き交渉も有利になることでしょう。

 

 

◆みなさんは値引き額に納得していますか?しかし、さらなる値引きも期待できます

 

 

現在の金額で思った以上の割引をしてもらえたと満足しているようではだめです。

 

上記事例ではそれなりに値引き額が高いと感じるかもしれませんが、さらに20〜30万円ほど値引きできる可能性もあるのです。

 

それはどこにポイントがあるのでしょうか。

 

実は下取りの金額にあるのです。

 

上記の事例では下取り額が低めになっていることに気付いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

この理由には、ディーラー側が値引き額を高く見せるために、下取り額を低く提示していることも考えられますが、実際には、ディーラーでの下取り額はどうしても低くなる傾向があるのです。

 

次からは下取り額が低くなる理由と、下取り額を高くする方法を紹介します。

 

→下取り額を高くして、新車を安く購入したい方はこちらをどうぞ!