シエンタが驚くほど安く買える値引き術をお教えします!

最新版  新型シエンタの値引きの限界に挑戦!その交渉術とは?

シエンタが驚くほど安く買える値引き術をお教えします!

引用:wikipedia

 

トヨタの新型シエンタが2015年7月にフルモデルチェンジされてしばらく経ちますが、今でもとても人気の車ですね。
ここでは新型シエンタについて、どのように値引き交渉をしたら良い結果になるのか解説していきます。

 

 

◆新型シエンタのグレードについて

 

【ハイブリッド車】 2車種

 

・ハイブリッドG 税込2,329,855円
<標準装備>
スマートエントリー、両側パワースライドドア
オートエアコン、肘掛け

 

・ハイブリッドX  税込2,226,763円
<標準装備>
オートエアコン、助手席側パワースライドドア

 

 

【ガソリン車】 3車種

 

・G 税込1,980,327円
<標準装備>
スマートエントリー、両側パワースライドドア
オートエアコン、肘掛け

 

 

・X 税込1,816,363円
<標準装備>
マニュアルエアコン、助手席側パワースライドドア

 

 

・X Vパッケージ 税込1,689,709円
<標準装備>
マニュアルエアコン

 

 

そしてGシリーズには本革巻きシフトノブと本革巻きステアリング、シフトレバー周りやドアハンドルは銀でメッキ加工されていて高級感を醸し出しています。
助手席側に買い物フックが付いているのも嬉しいですね。

 

ちなみにXグレードだとスマートエントリーと両側パワースライドドアはオプションで装備できます。
ですが、後からでは付けれないので要検討項目です。

 

 

◆実際の新型シエンタの目標価格と値引き相場はどのくらい?

 

目標値引き額(現在)は【19万円】程度です。

 

・各種オプション無し、値引き額は車両本体価格のみ
・当サイト独自調査から算出(実際に購入された方のレポートより)

 

店舗や時期(特に決算など)によって値引きしてもらえる金額は変わってくると思いますが、あくまでこれは目標値引き金額ですので、担当営業さんと交渉する際にはこの金額くらいを目標にしましょう。

 

ちなみにディーラーオプションやメーカーオプションなどを付ける方は、この金額を上回る値引き交渉がしやすいと思います。

 

 

◆実際に新型シエンタを購入された事例を2つ紹介

 

・事例1

 

【愛知県 43歳女性(2016年6月契約)】の場合
--------
本体価格→ハイブリッドG 233万円
オプション→12万円

 

本体値引き額→17万円
オプション値引き→2万円
セレナ11年式 下取り金額→57万円

 

上記に諸経費等含めて
合計→181万円
--------

 

 

・事例2

 

【東京都 36歳男性(2016年5月契約)】の場合
--------
本体価格→ガソリンG 198万円
オプション→19万円

 

本体値引き額→15万円
オプション値引き→3万円
シエンタダイス2011年式 下取り金額→44万円

 

上記に諸経費等含めて
合計→169万円
--------

 

 

トヨタには4系列のディーラーがあります。
トヨタ、カローラ、ネッツ、トヨペットの4つです。

 

近くに4系列ともあれば、それぞれに見積もりを出してもらうのがいいですね。
同じディーラーでも店が違えば見積もりも違うので、そちらにも足を運んでみましょう。

 

※新型シエンタは全店舗で取り扱いしていません。事前に店舗へ問い合わせをしてから店舗へ行きましょう。

 

見積もりを多く取れば取るほど手間はかかりますが、その分各店舗間で競合しようとするので最大値引き額を出す事は簡単ですよね。

 

 

◆限界の値引き額は目標値引き額以上?新型シエンタをもっと安く買う方法って何?

 

 

先ほど上記で実際に購入された方の事例を2つ挙げましたが、あの金額から更に安く新型シエンタを購入されている方がいらっしゃるんです。

 

値引き額はほぼ限界と言われたのに、更に20万円〜30万円も安く購入できる方法があるんです!
知りたくない訳がないですよね!?

 

 

もうお気づきの方もいらっしゃるかもしれません。そうなんです。
それは…【下取り金額】!ここに秘密が隠れているんです!

 

 

どこの店舗でも「これ以上の値引きは出来ません」と言う限界額を出してきます。
これはどこの店舗でもよく使われる手法です。
ところが実はこの【下取り金額】の部分で金額を調整しているんです。

 

 

トヨタも車を販売して利益を得ているので、少しでも高く売りたいのは分かります。
でも車を買う側からしてみれば、高い買い物だし、もっと安く買いたいのが当たり前ですよね。

 

 

じゃあどうすればいいのか?
それは「下取り予定の車を買い取り専門業者に見積もりをしてもらう」と言う事です!

 

出来るだけ多くの買い取り業者から見積もりを貰って下さいね。
これも先ほど出てきたディーラーの新車購入の話と同じで「一番高い値段を付けて貰うために競合させる為」です。

 

 

こちらに買取り業者を使った新車値引き法をまとめていますので参考にしてください。
→かんたん新車値引き交渉術まとめ