【ヴェルファイアの値引き情報】とにかく安く購入するための最新情報をお届け!

◆最新!ヴェルファイアの値引き情報!【

【ヴェルファイアの値引き情報】とにかく安く購入するための最新情報をお届け!

引用:wikipedia

 

トヨタ車で高級Lクラスのミニバンといえば、ヴェルファイアです。
同社取扱いのアルファードとよく似ていますが、顧客のニーズによって選択されています。

 

はっきりとした違いといえば、エクステリアだけであとはほとんど同じです。
ヴェルファイアのエクステリアは20〜30代の比較的若い年齢層向けにデザインされ、販売されています。

 

販売台数およそ4000台(/月)。比較的高級な車種ですが、大変人気です。

 

 

各グレードの価格

 

●X〈ガソリン車〉  ¥3,197,782
●V〈ガソリン車〉  ¥3,995,018
●Z〈ガソリン車〉  ¥3,578,727
●Z・Aエディション〈ガソリン車〉  ¥3,754,473
●Z・Gエディション〈ガソリン車〉  ¥4,173,709
●ZA〈ガソリン車〉  ¥4,145,237
●ZA・Gエディション〈ガソリン車〉  ¥4,585,091
●VL〈ガソリン車〉  ¥4,842,327
●エグゼクティブラウンジ〈ガソリン車〉  ¥6,522,218

 

●X〈ハイブリッド〉  ¥4,155,055
●G〈ハイブリッド〉  ¥4,775,563
●SR〈ハイブリッド〉  ¥4,919,891
●V・Lエディション〈ハイブリッド〉  ¥5,356,800
●ZR・Gエディション〈ハイブリッド〉  ¥5,501,127
●エグゼクティブラウンジ〈ハイブリッド〉  ¥7,036,691

 

※トヨタのオフィシャルサイトから代表的グレードのみ転載しました。

 

『Z』がつくグレード:エアロ仕様が大人気ですが、なんと全購入者中8割以上がこのグレードを選択しています。

 

特に『Z・Gエディション』がトップ人気だということです。

 

 

◆ヴェルファイアを安く手に入れたい!値引き額相場・目標は!?【

 

・ヴェルファイアの値引き目標額---¥300,000

 

*本体だけでオプションは無しの値引き額
*当サイトが行った独自調査から算出した額〈決算期の特別割引等の考慮はなし〉

 

グレード違いで400万円位差が出るので、値引き目標額を決定することは多少難しいです。
値引き目標額のおおよその目安としてください。

 

ここからオプションを付けていくと、さらに値引き額引き上げも可能かと思います。

 

 

◆実例・・・ヴェルファイアの購入者

 

住まい:福井県 31歳男性(契約:平成28年7月)

 

●本体価格『Z・Gエディション』…  ¥4,173,709-
●オプション…  ¥300,000-

 

●本体値引き額…  ¥300,000-
●オプション値引き額…  ¥100,000-
●下取り額(2010年式:ヴォクシー)…  ¥380,000-

 

●合計…  ¥3,925,516-〈諸経費含む〉

 

 

住まい:神奈川県 39歳男性(契約:平成28年4月)

 

●本体価格『Z・Aエディション』…  ¥3,754,473-
●オプション…  ¥460,000-

 

●本体値引き額…  ¥200,000-
●オプション値引き額…  ¥200,000-
●下取り額(2009年式:オデッセイ)…  ¥300,000-

 

●合計…  ¥3,746,280-〈諸経費含む〉

 

 

上の実例は20万円や30万円の本体値引きですが、調査したところ値引き額は、下は20万・上は70万円と値引き額の差がありました。

 

時期や地域などによって価格に差が出てくるので、目標額より値引きしてもらえる可能性はありますね。

 

ヴェルファイアの価格交渉は、まずアルファードの見積もりを取ってから行くとやりやすいです。
なぜなら中身はほぼ同じで、価格帯も似ているので競合させやすいんですね。

 

トヨペット店:アルファード→ネッツ店:ヴェルファイアの順で回って目標値引き額を引き出しましょう。

 

 

◆さらにお安く購入できる!?知って得する値引きの交渉術を紹介!!

 

 

実例では本体値引き・オプション値引き等もかなりしているように思えます。
が!事実を知っていると「まだまだ安く買えるな。」と思えます。

 

一体どこの部分を見て値引きできる余地があるか、分かるでしょうか?

 

この実例でよく見てほしいところは、『下取り額』なのです!!

 

この下取り額はかなり低くされています。
恐らく、ここから20万円ほどの値引きが可能なのではないでしょうか!

 

営業さんが値引きを増やすために下取り額の方を調整するという事もあると思いますが、実のところディーラーでの下取り額は必然的に安くなってしまうワケがあるんですね。

 

→ディーラーでの下取り額が安いワケと「値引き額を大きく増やす方法」はこちらから