ヴォクシーの値引き交渉術。今月の値引きの目標額はこちら!

◆最新のヴォクシー値引き情報をご紹介!『

Toyota VOXY ZS 2WD (ZRR80W) front

 

ヴォクシーは、トヨタから発売された"ミドルサイズのミニバン"です。

 

平成26年にフルモデルチェンジをされ、平成28年1月にマイナーチェンジがされています。

 

ひと月の販売台数は約7,000台。すべての車種の販売台数ランキングで、常時上位10位に入る人気車です。

 

 

◆ヴォクシー『グレード/特徴』

 

『グレード』

 

(ガソリン車)

  • X'C Package'  ¥2,284,691-
  • X  ¥2,480,073-
  • V  ¥2,725,527-
  • ZS  ¥2,739,273-

 

(ハイブリッド車)

  • HYBRID X  ¥2,996,509-
  • HYBRID V  ¥3,106,473-
  • HYBRID ZS  ¥3,229,200-

 

『特徴』

 

○X'C Package'---
最低限の装備のみ。アイドリングストップ・パワースライドドアもなし。
ここからオプションを追加していくと、上のグレードより高額になる可能性があります。
最も安価なヴォクシーを希望する場合は、おすすめです。

 

○X、HYBRID X---
通常、このモデルがベース。アイドリングストップ・ワンタッチドアロックスイッチ・パワースライドドア(助手席側)等標準搭載。
ヴォクシー購入を検討する場合は、このグレードをまず検討してみてください。

 

 

○V、HYBRID V---
'X'グレードの装備に、消臭機能付シート・本革巻きステアリング・クルーズコントロール等の装備が追加。
(ハイブリッド車)には、UVカットガラス・温熱シート・リヤオートエアコンがさらに追加されます。

 

○ZS、HYBRID ZS---
'X'グレードのエクステリアが更に豪華にされたモデル。
大型サイドマッドガード・リヤスポイラー・リヤ大型バンパー等外観を中心にアップグレードされています。
(ガソリン車)の'ZS'が、全グレード中1番人気のモデルです。
また外装内装ともに更に豪華にされたモデルの特別仕様車'ZS 煌'も、かなりの人気となっています。

 

※'HYBRID X'、'V'、'HYBRID V'、'Z'、'HYBRID ZS'モデルには「予防安全機能」である、レーン逸脱警報・自動ブレーキ・オートマチックハイビーム機能が装備されています。

 

 

◆ヴォクシー値引き目標額は!?『更新』

 

ヴォクシー値引き目標額 ¥300,0000-

 

*オプション無・本体のみの値引き額
*当サイトで独自に調査した結果から算出…決算期等特別割引の考慮なし

 

値引きの金額差は、¥150,000〜¥400,000です。
各地域での値引きの金額差はないと思われます。

 

もし、購入検討時に値引き交渉をされる場合は、ライバルの車種と見積もりを競合させることが最も楽な方法です。

 

エスクァイア[トヨペット]・ノア[カローラ]が、ヴォクシーと同じような車種ですので、こちらをターゲットにするといいでしょう。

 

2車種の見積もりをもらい、本命であるヴォクシーの交渉へ向かいましょう。

 

 

◆ヴォクシー購入者の例

 

◆栃木県にお住まいの38歳男性 『契約 平成28年4月』

 

本体価格'ZS ガソリン車' ¥2,739,273-
オプション ¥200,000-

 

本体値引き額 ¥300,000-
オプション値引き額 ¥100,000-
下取り額[2010年式ウィッシュ] ¥250,000-

 

合計(諸経費含む) ¥2,487,500-

 

 

◆千葉県にお住まいの31歳男性 『契約 平成28年3月』

 

本体価格'ZS ガソリン車' ¥2,739,273-
オプション ¥180,000-

 

本体値引き額 ¥300,000-
オプション値引き ¥50,000-
下取り額[2010年式デミオ] ¥200,000-

 

合計(諸経費含む) ¥2,567,500-

 

 

 

◆もっと値引きが可能かも!?これを知らないと損してしまいますよ!

 

 

購入例を見ると、お二人とも値引きの目標額をクリアしているため、上手な買い物ができたように見えますね。

 

実はもっと値引きしてもらえるところを見落としてしまっていました。

 

かなり損をしてしまっているので、私ならしばらく落ち込んでしまうような金額です・・・

 

どこの部分か、分かりますか?

 

明らかに安いところです。
そう、『下取り額』なんです。

 

安すぎるのではと思い調査すると、2例とも¥200,000位安い金額でした。

 

なぜここまで『下取り額』が安くなるのか。

 

ディーラーでの『下取り額』が安くなる、やむを得ない理由がありました。

 

が、その安くなる『下取り額』を増額させる方法も、実はあるんです!

 

ディーラーの『下取り額』が安くなる、やむを得ない理由と『下取り額』を増額させる方法について説明していますので、後悔する前にぜひご覧になってください。

 

→新車を購入するとき、値引き額を増額させる方法はこちらから